7月お題SS『二人暮らしの夜』(前編)

こんばんは
7月のお題SSに参加させていただきました(フライング)


2015年7月お題SSズ募集詳細

主催幹事:
牛野若丸さま

お題発案者:
牛野若丸さま

お題:
「虫」
「百合」
「器」(解釈自由)
(3つの中からいくつ選んでもOK)

文字数:
4000字以内


お題は「器」を使わせてもらいました。
内容とはあまり関係のないところでさらっとでてきます^^;

少し長くなったので(3613字)前半と後半に分けて今日と明日でアップしようと思います。
よろしくおねがいしますm(__)m




 小さな不満の泡は、この一年のあいだでひとつも割れることなく、日々すこしずつ膨らみながら増殖していた。イライラする気持ちは夜中、あいつが眠りについて意識を手放したあと、ひとりになった時に襲ってくる。

 今日も遅くなるという連絡がないまま、直樹は日付が変わった頃に帰宅した。接待だかなんだか知らないけど、髪から洋服から女性の甘い匂いをさせて、それを隠そうともせず、ただいまーと、夜中なのに太陽みたいな陽気なテンションで酔っ払いは、玄関を開けたおれに抱きついてきた。
「あー、飲みすぎたわ」
「ほどほどにしなよ」
「だってみんなのめのめ言うんだもん」
「断ればいいじゃない」
 そっと本心をもらすと、ぎゅっと力まかせに抱きしめられた。
「風呂もう入ったんだ」
「ちょっと放して、くすぐったいから」
「俺、恵吾の頭の匂い好き」
 んー、と静かにうなりつつ、髪に顔を埋めてくる直樹から無理やりしゃがんで逃げたら、ケチ、とひとこと。不満そうに唇を尖らせて室内に入っていった。
 そういうの、きっと直樹はわかってる。見目のいい年下の自分が甘えるような仕草をしたらおれがかわいいって思うの、あいつはわかっててやってるんだ。

 遅れて部屋に戻ると、直樹は脱いだ服を散らかしてソファーに転がっていた。
「恵吾ー、愛してるから水ちょうだーい」
 愛してる? どこが?
 軽いジョークだとわかってても笑えない。ミネラルウォーターを取るため冷蔵庫を開けると、自分がさっき作った直樹のぶんの夕食のおかずが目の前にある。これは明日の昼、おれがまた食べることになる。さきに連絡のひとつでもくれていれば、ひとりぶんしか作らなかったのに。
「はい」
「さんきゅー」
 氷を入れたグラスに注いだミネラルウォーターを渡すと、直樹はごくごくとひと息に飲み干した。グラスから垂れた滴が、波打つのどぼとけを過ぎて褐色の引き締まった裸の上半身を落下していく。同棲して一年も経つのにまだ、明るい部屋の中では直樹の裸を直視できない。
 一緒に住んでるのに、なんでこんなにうまくいかないんだろう。
 直樹は毎日外にはたらきに行く。営業の仕事でおれ以外の人とたくさん会って、たくさん話をする。
 おれは翻訳の仕事をしているため、普段ずっと家の中にいる。直樹以外にあまり人と会わず、会話もしない。
 だから考えてしまう。毎日毎日、今、外で直樹がいったい誰と話してるのか、二人で暮らすこの家より外のほうが居心地がいいんじゃないか、と。
「ごちそうさま」
 カラン、とテーブルに置いたグラスに氷のぶつかる音がした。直樹が立ち上がる。
「お風呂は?」
「明日休みだし、起きてから入るわ。ねみー」
 ふわー、とあくびをひとつ。そのまま寝室に入ってしまった。
 いつ帰ってくるかわからない直樹のために、風呂の湯を保温しておいたのは無駄だった。
 無駄だったけど、言えない。この二人の場所が直樹にとって、さらに居心地悪くなることが怖いから。
 寝室の扉が閉まると、部屋は急に静かになった。冷蔵庫のうなる音が耳につく。汗のかいたグラスをそのままに、散らかされた洋服を回収しようとしてワイシャツに手をかけたその胸ポケットから、するっと、銀色の小さなものがフローリングに落ちた。拾うとそれは星を象ったピアスだった。
 どこかの女性がわざとポケットに忍ばせたのか、彼女の耳から落ちたものが偶然ポケットに入ったのか、どちらにせよ、その星形のピアスの女性と直樹は密着していたことには違いない。こんなものを発見してしまって、今日はいつも以上にイライラする夜をひとり過ごすことになるのか、と思いきや、心はそれどころじゃなく落ちこんでしまって、怒りなんて微塵も襲ってこなかった。
 ベランダの扉を開けて外に出る。星も月も見えなくて、そこにはただのっぺりした紺色の空と、まとわりつくような湿気の多い空気があるだけだった。
 やっぱり直樹は外のほうが居心地いいんだ。自分の知らない世界。見たこともない人たちと過ごす時間のほうが楽しいんだ。
 夜が白んでくるのにも気づかず、おれはひとり、朝方までベランダで過ごした。




スポンサーサイト

拍手のお返事

こんばんは~


6月20日に拍手コメントをくださったななしさまへ

コメントありがとうございます!
そのひとことを言われたくて書きました笑
またブログに遊びに来てくださいね♪


そしてSSを読んでくださったかた、拍手をくださったかた、
みなさまありがとうございますm(__)m
また機会があれば書いてみたいです♪(書くのがとても楽しかったので)

ではまた☆彡





6月お題SS『いつもの帰り道?』

こんばんは
6月のお題SSに参加させていただきました。


2015年6月お題SSズ募集詳細

主催幹事:牛野若丸さま

お題発案者:牛野若丸さま

お題:
「雨」
「紅」(解釈自由)
「角」(解釈自由)
(3つの中からいくつ選んでもOK)

文字数:
4000字以内


お題を3つとも入れてみました。
よろしくお願いしますm(__)m




 昇降口でひとり、芳久を待つ。
 外は雨。屋根のあるぎりぎりのところに立ってても濡れない、風のないまっすぐな雨。
「お待たせ、綿谷」
「お、早いね今日は」
「外暗いし、これから雨強くなるから今日は早めにおしまいだって、先生が――」
 バイバイ、と吹奏楽部の仲間たちに手を振って、芳久が下駄箱を開ける。一瞬固まってからこっちを振り返り、上目づかいで俺をにらみつけてやめろよね、と言う。
「こういうおふざけ。僕らもう高校生なんだから」
 部活中に書いてさっきスニーカーの上に乗せておいた、雨のせいで湿気たラブレターを白く細い指先でゆらゆら揺らしてから芳久はそれを鞄にしまう。いつもそれ、家に帰ってから読んでんの。
「俺からじゃないかもよ」
「学校名が入った茶封筒使ってラブレター書く人が綿谷以外にいるかね」
「いるかもしんないじゃん」
 速足で俺の前を通過して、芳久は傘立てから深紅の傘を取りだしスパッとひらいた。お姉ちゃんからのお下がりだという女性物の傘を、芳久は気にせず使ってる。そういうところがある。芳久には思春期特有の照れがない。
「けっこう降ってるね」
「おー、さっきより強くなってんね」
 雨の日でもおかまいなしの速足のせいで、芳久の制服のズボンの裾は濡れる。それに合わせて歩くせいで俺のも濡れるけど仕方ない。
「こんな日は先に帰ってもいいのに」
「やだよ」
「文芸部って暇なんだろう」
「超ヒマ。だからラブレター書いてる」
「暇つぶしですか」
 怒ってるのか笑ってるのか、雨音と傘が邪魔して早口な芳久の声の表情が今日はうまく読み取れない。でもこんなに早口でせっかちなくせに、芳久の吹くクラリネットの音はいつも誰よりもゆったりと安定して美しく響くから不思議だ。
「じゃ、また明日」
 あーあ。今日もこの分かれ道まですぐだよ、速足の芳久のせいで。
「おう、バイバイ」
 ほかのだれにも別れ際に手なんて振らないけど、振り返してくれる芳久がかわいいから彼限定で手を振る俺。
 すたすたとあっという間に遠ざかっていく深紅の傘を見送る。やっぱり今日も、ズボンの裾のうしろがびしょびしょだ。
 そのまま角を曲がるのをいつもと同じように見届けて俺も歩きだすはずが、芳久がふいにこっちを振り返った。
「え」
 なになになに。速足で引き返してくる。
「どしたの」
「綿谷さ、なんでいつもここに立って僕が角曲がるまで見てるの」
 あれ、気づいてたんだ。
 びっくりした。今まで一度も振り返ったことなんてなかったから、知らないんだと思ってた。
「その理由聞きたい?」
 問うと、うーん、と芳久にしてはめずらしくしばらく考えこんでから、傘を持ってないほうの手をバイバイする時と同じように激しく揺らした。
「いい、いい。まだいらない」
 高速で動く手のすきまから見えた頬がすこし赤い気がした。あっという間に背中を見せていつもよりさらに速足で行ってしまったからちゃんと確認できなかったけど。
 まだいらないってことは、いつかは聞きたいってことだろうか。
 とりあえず、ラブレターは読んでくれてるみたい。





メンタル強化(と本の感想少し)

こんにちは~
暑くなってきましたね(´-`).。oO(アイス・・)

見るのが好きなスポーツがありまして、そのプロ選手のインタビューで
「もっとうまくならないといけない」とか「いつもいいプレーをしないといけない」とか言ってるのを聞くとびっくりします。
誰もが憧れるトッププレイヤーが慢心せず、まだまだ上を目指しているのだなぁ、と。

わたしはいつも現状に不満足で、たとえば、プロの小説家になることで幸せになれると思っているところがあったのですが、これは違いますよね。
なれるかどうかはまだまだ不明ですが、きっとなった状態と今の状態は地続きで幸せなんてものは一瞬でその後は日々今以上のプレッシャーに苛まれるのではないかと、想像するとおそろしい((((´д`))))))

というのも、一穂ミチ先生の世界のまんなかを読んですごいな、と思ってわたしはブログを書いているのです!
イエスかノーか半分かがあれだけおもしろかったわけですから、続編となると読者の期待値も上がるでしょうし、そのプレッシャーはきっとあると思うのですが、その中であの完成度のものを出してくるという、プロってすごいんだな!

とにかくおもしろかったんですよ~。一気に読んじゃいました。
ドエムの押し付け合いをしてましたけどふたりともドエムですよ(★^ω^)と、主人公二人に言いたいです。
あれ、ただの感想を書いてしまっています。

なにが言いたいんでしたっけね(-_-;)
書きたいことがまとまってないまま書きだしたから今こうなってます(反省してます)

あー、とにかく今わたしは生徒気分でいてはいけないなと。
お話を送って編集者様(先生)に批評をいただき次につなげること、プラス、いつ状況が変わっても(いつになるやらというかなれるのやらですが^^;)そうなったら自分の足で立てるように、今からメンタルをきたえておく努力を、できれば、少しずつはじめていけたらいいな、とか思ったり思わなかったり(お豆腐メンタル絹ごし)

すごい人と自分を比べたりして生意気が過ぎるのですが、
まだ投稿者だからというところで甘えていてはいけないな、とプロのお仕事を見て思ったのでした。
おもしろいもの書きたーい! 

じめじめの日が続きますがみなさま体調など崩されぬようお気を付けください。
そして前回の記事を読んでくださったみなさま、拍手をくださったみなさま、いつもありがとうございます<(_ _)>
ではまた☆彡





プロフィール

りんこそ

Author:りんこそ
宗川倫子(そうかわりんこ)
BL小説投稿生活中。ブログ内の文章の転載を禁じます。

カテゴリ
むらびと
ランキングに参加しています!にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
にほんブログ村
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: