6月お題SS『いつもの帰り道?』

こんばんは
6月のお題SSに参加させていただきました。


2015年6月お題SSズ募集詳細

主催幹事:牛野若丸さま

お題発案者:牛野若丸さま

お題:
「雨」
「紅」(解釈自由)
「角」(解釈自由)
(3つの中からいくつ選んでもOK)

文字数:
4000字以内


お題を3つとも入れてみました。
よろしくお願いしますm(__)m




 昇降口でひとり、芳久を待つ。
 外は雨。屋根のあるぎりぎりのところに立ってても濡れない、風のないまっすぐな雨。
「お待たせ、綿谷」
「お、早いね今日は」
「外暗いし、これから雨強くなるから今日は早めにおしまいだって、先生が――」
 バイバイ、と吹奏楽部の仲間たちに手を振って、芳久が下駄箱を開ける。一瞬固まってからこっちを振り返り、上目づかいで俺をにらみつけてやめろよね、と言う。
「こういうおふざけ。僕らもう高校生なんだから」
 部活中に書いてさっきスニーカーの上に乗せておいた、雨のせいで湿気たラブレターを白く細い指先でゆらゆら揺らしてから芳久はそれを鞄にしまう。いつもそれ、家に帰ってから読んでんの。
「俺からじゃないかもよ」
「学校名が入った茶封筒使ってラブレター書く人が綿谷以外にいるかね」
「いるかもしんないじゃん」
 速足で俺の前を通過して、芳久は傘立てから深紅の傘を取りだしスパッとひらいた。お姉ちゃんからのお下がりだという女性物の傘を、芳久は気にせず使ってる。そういうところがある。芳久には思春期特有の照れがない。
「けっこう降ってるね」
「おー、さっきより強くなってんね」
 雨の日でもおかまいなしの速足のせいで、芳久の制服のズボンの裾は濡れる。それに合わせて歩くせいで俺のも濡れるけど仕方ない。
「こんな日は先に帰ってもいいのに」
「やだよ」
「文芸部って暇なんだろう」
「超ヒマ。だからラブレター書いてる」
「暇つぶしですか」
 怒ってるのか笑ってるのか、雨音と傘が邪魔して早口な芳久の声の表情が今日はうまく読み取れない。でもこんなに早口でせっかちなくせに、芳久の吹くクラリネットの音はいつも誰よりもゆったりと安定して美しく響くから不思議だ。
「じゃ、また明日」
 あーあ。今日もこの分かれ道まですぐだよ、速足の芳久のせいで。
「おう、バイバイ」
 ほかのだれにも別れ際に手なんて振らないけど、振り返してくれる芳久がかわいいから彼限定で手を振る俺。
 すたすたとあっという間に遠ざかっていく深紅の傘を見送る。やっぱり今日も、ズボンの裾のうしろがびしょびしょだ。
 そのまま角を曲がるのをいつもと同じように見届けて俺も歩きだすはずが、芳久がふいにこっちを振り返った。
「え」
 なになになに。速足で引き返してくる。
「どしたの」
「綿谷さ、なんでいつもここに立って僕が角曲がるまで見てるの」
 あれ、気づいてたんだ。
 びっくりした。今まで一度も振り返ったことなんてなかったから、知らないんだと思ってた。
「その理由聞きたい?」
 問うと、うーん、と芳久にしてはめずらしくしばらく考えこんでから、傘を持ってないほうの手をバイバイする時と同じように激しく揺らした。
「いい、いい。まだいらない」
 高速で動く手のすきまから見えた頬がすこし赤い気がした。あっという間に背中を見せていつもよりさらに速足で行ってしまったからちゃんと確認できなかったけど。
 まだいらないってことは、いつかは聞きたいってことだろうか。
 とりあえず、ラブレターは読んでくれてるみたい。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

はじめまして!日高千湖と申します。

久しぶりに村の新着記事を見ておりましたら、こちらのSSを発見してしまいましたwww

「芳久には思春期特有の照れがない。」けど、綿谷といると速足で歩いてしまうくらい、照れてるんでしょうかねえ?

「まだいらない」って事は、「いずれいるよ」って事ですよね~♪照れ屋さんなんだからぁ~とクネクネしちゃいました。

「待たなくて良い」と言いながらも「お待たせ、綿谷」って言っちゃう芳久が、なんとも可愛かったです。

若いっていいなあ~としみじみ。

背景は雨なのに清々しいですね。梅雨特有のジメジメを感じない、すっきりとした青空を感じさせるようなお話しでした!読ませて頂きありがとうございました!

Re: はじめまして!

日高さまへ

はじめまして、コメントありがとうございます!
偶然見つけてくださったみたいで、日高さまの目に留まってラッキーでした^^

芳久を可愛く思ってくださり嬉しいです♪
きっと綿谷からはこれ以上踏みこむことはしないと思うので(ラブレターは書くけど笑)、いずれ来るその時は芳久からのアクションがある時なのかもしれない、と日高さまのコメントを読んで思ったりしました。

若いっていいですよね。もっと恥ずかしいことさせたいです?

たくさん誉めてくださりとっても嬉しかったです。ありがとうございます<(_ _)>
またブログにも遊びに来てくださいね!

拝読しました

初めまして、牛野若丸です!
ディア常連のりんこそさんにご参加頂けるとは、お題SS主催者として超光栄です!
しかも僕が専門としている(読者として、という意味です 笑)高校生ものを書いて下さるとは!
ぜひぜひこれからもよろしくお願いします!

秘かな想いの込められたラブレターを突っぱねたりはしない、綿谷くんに引いたりもしない、だけど突っ込みながら爽やかにそっとスルーできちゃう残酷な芳久くん。
「思春期特有の照れ」が早く覚醒してくれるといいですね~(笑)
あ、でも理由は「まだいらない」のか♪
心と頭、理性と本能がうまく噛み合わないのかも、なんて思っちゃいましたっ。
本当に好きな人って、完全に見えなくなっちゃうまで見送りたくなったりしますよね。
素敵なSSでのご参加をありがとうございました!

Re: 拝読しました

牛野さま、こんばんは!
コメントありがとうございます<(_ _)>
お題SS初参加でドキドキしていたのですが、主催者である牛野さまに喜んでいただけたようでこちらこそ光栄です!
高校生もの専門でしたかっ^^
わたしも大好きなんですよ実は~(同級生とか最高~)

芳久が覚醒するのはいつになるやら……。でも案外すぐかもです!
彼はたしかにいろいろ噛み合ってない気がしますね! 大人になれ~。
好きな人は見えなくなるまで見ていたいですよね~。実際はなかなかできないですけど^^;

お話をほめてくださり、とても嬉しいです。
そしてお題の提供、ありがとうございます!
牛野さまのブログにもまたお邪魔させていただきますね!

はじめまして。

りんこそさま、はじめまして。
若丸さんの主催されるSSイベントから参りました。
砂凪(さなぎ)と申します。

「お待たせ」っていいことばですね。
ほんとに、いいことばですね……!
ほのぼのしているのに、どこかでときめきがあって。
そこからはじまるSSの雰囲気全体がそんな感じでぽわぽわしました。

芳久くん、何気なく『まだ』って言ったんでしょうけど……。
その『まだ』、綿谷くんにはかなり効いていますよ!(笑)

雨が降って服の裾が濡れる描写とか、紙が湿気を吸って…とか、「あぁ、雨が降るとそうだよな」って思いました。

梅雨明け間近のような雰囲気のSS、ありがとうございました。

Re: はじめまして。

砂凪さまへ

はじめまして! 
牛野若丸さま主催のイベントからお越しいただき、ありがとうございます<(_ _)>

「お待たせ」って普段、親しい仲だと案外使わないですよね。
なんか照れませんか?
あ、わたしだけかもしれません(笑)でも言われると嬉しい言葉であったりもして!

芳久の『まだ』は無意識ですよね~。
綿谷は言われて意識しまくっていますけど^^

雨は生活の中にあるとうっとうしいことも多いですけど、物語の中の雨の雰囲気が好きでけっこう降らせちゃいます(登場人物たちごめん)

お話をほめてくださり、ありがとうございます!
ブログの更新頻度は少ないのですが、またちらちらのぞきに来てくださると嬉しいです♪
コメントありがとうございました。
プロフィール

りんこそ

Author:りんこそ
宗川倫子(そうかわりんこ)
BL小説投稿生活中。ブログ内の文章の転載を禁じます。

カテゴリ
むらびと
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: